半返しの基本を守ること

内祝いをもらって嬉しかったからと言って、お祝いよりも高額な内祝いをしてしまうのは、相手に対して失礼になります。出産内祝いの場合、内祝いの相場は半返しが基本となります。半返しの基本を守ることで、相手への負担になったり迷惑になったりすることを回避することができる長年の知恵です。では、どうしたら半返しをすることができるのでしょうか。まず、出産祝いをもらったら、その贈り物の相場を調べます。昨今はインターネットで検索をすれば、どんなものでも相場がわかるようになり、大変便利になりました。そして、相場を調べた上で内祝いの価格を設定します。半返しが基本となりますが、相場の3分の1を内祝いとしてお返ししても失礼にはなりません。

相手の立場や状況を慮ること

子供が生まれて気持ちがハイになってしまい、つい自分の子供の写真入りのギフトを出産内祝いに贈りたくなってしまう気持ちもわからないわけではありません。しかし、出産内祝いを贈るときには、相手の状況や立場をよく考えた上で内祝いを贈るように注意することです。例えば、出産祝いをくれた人の中には、長年子供に恵まれないという方もいるかもしれません。そのような場合には、相手の気持ちを考えた贈り物を送るようにすることです。また、出産祝いをしてくれた人が入院していたり、喪中だったりすることもあります。そのときには、相手に出産祝いを送っても迷惑にならない状況になるまで待つようにすることです。そうすれば、相手に失礼になりませんよ。